イントラネットの活用

例えば、会社の営業課がイントラネットを使用する際、いつでも情報をサーバーから取りだす事が出来る為、分厚い資料を持ち運びする必要が無く、パソコン1台で営業先を回る事が出来ます。

サイトトップ >

スポンサードリンク

イントラネットの活用

イントラネットについて


イントラネットについてですが、名前の語源は「○○の内部の」と言う意味の接頭語である「イントラ」(intra-)から来ています。それにインターネットの技術をプラスして構築されているローカルネットワーク、またはLAN(ローカルエリアネットワーク)の事を指しています。

通常、LANと言うと独自のプロトコルを持って、それぞれ構築しています。またインターネットと言うと、TCP/IPプロトコルを標準として構築しています。そのインターネットで使われているTCP/IPプロトコルを、構内ネットと言うローカルな所に採用する事によって、簡単にネットワークに接続する事ができ、情報交換も可能になります。つまり、インターネットで使われているソフトウェアが利用出来ると言う事なのです。

分かりやすく言うと、ある会社内で従業員だけが利用出来る様なインターネットと言う感じです。

その他にもイントラネットでは多くのサービスを使う事が出来ます。

【電子メール】
通常、インターネットを介して外部の人達と電子メールの交換が出来るのですが、イントラネットを利用すると、内部の人達と簡単に電子メールの交換が出来る様になります。また、外部からIDを利用するとアクセスできますので、メールのチェックや送信も行えます。

【オンライン会議】
現在のイントラネットの技術を使う事により、インターネットエクスプローラーと言った通常使用されるWebブラウザでオンライン会議を行う事が出来る様になります。これにより、費用を抑える事が可能になります。

イントラネットの活用

MENU



スポンサードリンク